ゴルフシューズの臭いを取る3つの方法|臭くなりやすい人の特徴とは?

ゴルフシューズ 臭い ゴルフシューズ

日頃しっかり手入れをしているつもりでも、ゴルフシューズを長く使用していると、どうしても避けて通れないのがシューズの臭いです。

ロッカールームで最新のウェアに着替えてモチベーションも上がり、颯爽とコースに出ようと思っても、ゴルフシューズからいやな臭いがすると少しガッカリしてしまいますよね。

今回は、ゴルフシューズが臭いやすい理由と、臭いを取る方法についてまとめました。ゴルフシューズの悪臭に悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

本コンテンツでは掲載中のECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

ゴルフシューズが臭いやすい理由

ゴルフ場でゴルフシューズ

ゴルフシューズは、防水性や耐久性をそなえつつ柔らかさをもたせるために、スニーカーなどと比べてはるかに工夫をこらした素材を開発して使用しています。

さらに、履き心地やフィット感は、各メーカーがこぞって追求しているところですので、どうしても密閉性が高くなりがちです。

足にフィットするゴルフシューズこそ履いている時のストレスはありませんが、その反面、汗が逃げにくい構造になってしまうというデメリットも・・

ひとの足はとても汗をかきやすいのですが、プレーに熱中したり緊張したりしていると、足裏から汗をかいていることに気づかないことも少なくありません。

ゴルフというスポーツは思いのほか汗をかくスポーツであり、1ラウンド10キロ近くを履いたまま歩いたり走ったりするので当然、普段以上に足に汗をかきます。

こういった、ムレを起こしやすい条件下で、さらに汗がこもりやすいゴルフシューズを履くわけですから、よりいっそう蒸れやすく臭いもこもりやすくなってしまうのです。

ゴルフシューズの臭いを取る方法

ゴルフシューズの臭いの取り方
この記事をお読みの皆さんのなかには、「すでに臭ってしまっているゴルフシューズの臭いを取りたい」と思っている方も多いと思います。

ゴルフシューズが臭う原因はいくつかありますが、靴の素材などの臭いでなければ、雑菌が繁殖していることによるものと考えられます。

臭いが強いほど雑菌が多く繁殖し、活発であると考えられるため、以下の方法を参考に早急に対処してくださいね。

洗う

ゴルフシューズの臭いを取るには、やはりラウンド終了直後、その都度シューズの内部を洗ってあげるのが理想的ですが、現実には難しいので自宅に帰ってから洗うことになります。

自宅に帰ったら、その日着たウェアを洗濯機に入れて洗うのと同じタイミングで、シューズも洗ってあげてあげましょう!

せいぜい10分もあれば洗えますのでぜひ、実行してほしいと思います。

以下の記事で素材別の手入れ方法と使用する道具を紹介しているので、あわせてご覧ください。

関連記事ゴルフシューズの手入れ方法を素材別に解説|濡れたあとの手入れはどうする?

また、私が実際におこなっているゴルフシューズの洗い方を紹介した記事もありますので、ご興味のある方はこちらもどうぞ。

関連記事ゴルフシューズの手入れは家にあるものでOK!洗い方も紹介します

除菌スプレー

除菌効果の高いスプレーも、ゴルフシューズの臭い取りに期待できます。

シューズの中に繁殖している雑菌に向けて直接スプレーすることで、活発になっている雑菌を除去できので、『臭いの根源』から対処することができるのです。

ただ、注意して欲しいのが、どの除菌スプレーや消臭スプレーでもよいというわけではないことです。

手を除菌するアルコールスプレーは、確かに殺菌効果が高いですが、ゴルフシューズの素材を傷めたり色落ちしたりすることがあり、使用は避ける方が良いです。

また、ドラックストアでよく販売されている消臭スプレーでも、一時的な効果はありつつも履くとすぐ臭ってしまう商品も少なくありません。。

個人的に最も効果が高いと感じるのが、革製品用のケア商品を販売している「M.モゥブレィ」の消臭・除菌ミストです。

革に対して使えるミストなので、ゴルフシューズに多い合成皮革にも使用できます。上記の商品ページの下のほうに、この製品を作っている会社が実験している様子が紹介されているので確認してみて欲しいのですが、一度試してみる価値はあると思います。

また、除菌効果はわかりませんが、↓の消臭スプレーはAmazonで2万点以上売れてて、評価もかなり高いです。ただ、人によっては香料が強いと感じることもあるみたいなので、その点に注意すれば臭いをかき消してくれる効果には期待できそうです…!

ただ、この商品は「臭いで臭いを消す」という感じになるので、根本的な除菌はできません。

雨の日も臭わないゴルフシューズを履きたい方には、やはり「M.モゥブレィ」のナチュラルフレッシュナーのほうがおすすめです。

消臭パウダー

自宅に帰ったあと洗うのが面倒臭い場合は、とりあえず消臭パウダーを振りかけておく方法もあります。

靴の消臭パウダーとは、靴の中に入れておくとパウダーが臭いを吸着し、嫌な臭いを取り除いて菌の繁殖を防いでくれるというシロモノ。

偽物には注意して欲しいのですが、おすすめはこちらのグランズレメディという消臭パウダーです。人気すぎて並行輸入品や偽物まで販売されています・・

このパウダーをスプーン1杯靴の中に入れて全体にいきわたらせて一週間続けて履いて消臭効果を試します。

一週間で効果を感じたら、その後は臭いを感じるまで何もしなくてOKという、ズボラな人にもありがたい仕組みとなっています。

公式によると消臭効果は平均で180日ということなので、一回パウダーを振りかけたら、そのあとは半年くらい持続してくれそうです…!!(もちろんシューズや臭いの原因、強度、保管状況にもよりますが)

ゴルフシューズが臭くなりやすい人の特徴

ゴルフシューズが臭くなりやすいかどうかは、シューズの素材や体質によっても異なります。ただ、ゴルフシューズが臭くなりやすい人は、他の靴も臭いやすいと考えられます。

どのような人が臭くなりやすいのかを決めるのは難しいものの、次の項目に心当たりがあるかどうかチェックしてみてください。

  • 足の指の間を洗っていない
  • 足の爪を洗っていない
  • お風呂のあと乾燥せずに靴下を履いている
  • 蒸れやすい靴下を履いている
  • 同じシューズばかり履いている
  • ゴルフシューズを洗ったことがない

いくつ当てはまりましたか?「絶対」ということはいえませんが、上記で当てはまる項目が多いほど足が臭くなりやすい人の特徴に近づきます。

というのも、上記の項目は足が蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいからです。それぞれ気をつけるだけで臭いをマシにすることは可能なので、ぜひ意識してみてください。

ただし、緊張しやすい性格の場合は、体質的に足裏に汗をかきやすいです。通気性がよく汗がこもりにくい靴下を履くと、汗による湿気が溜まりづらくなるので臭いにくい状態に近づけられます。

個人的には汗をかいても乾きの早い「メリノウール素材」の靴下がおすすめです。ただ、メリノウールを使った靴下は厚いものが多く、いつものシューズがきつく感じてしまう可能性もあります。

いろいろ調べてみたところ、こちらの靴下はランニングがメインとして作られているようですが、スポーツ全般に使えて通気性の高いメリノウールを33%使用しているようです。

他のメリノウールよりも薄く、普段使いにも良さそうです。実際にゴルフで履いている人の口コミもあるので、足が蒸れやすい人はぜひチェックしてみてくださいね。

ゴルフシューズの臭い対策

ソフトスパイクのメリット・デメリット
ゴルフシューズのもっとも効果的な臭い対策は「同じシューズを連続して履かない」ということです。

出来れば複数シューズを持ち、交互に履いてあげることで臭いが防げます。

もし、「そこまでするのは無理」ということであれば、市販の足指クリームを塗り、ハーフの休憩時にはソックスを履き替えることでもある程度臭いが防げます。

また、紹介した消臭パウダーはそのまま履いて消臭できるタイプのものですので、朝のスタート前にパウダーをシューズの内部にふりかけ、ハーフの休憩時にソックスを履き替えるのと同じタイミングで振りかけてあげるのもアリです。

他にも、ゴルフシューズの臭い対策として気をつけたいポイントを2点紹介します。

シューズケースに入れっぱなしにしない

最も避けたいのはシューズケースに入れっぱなし、さらに車のトランクに入れっぱなしにすることです。

通気性が悪くて蒸れることで臭いも倍増しますので、シューズを長持ちさせるためにも、かならずシューズケースから出して風通しが良い日陰に保管してください。

帰宅後は早めに手入れする

理想的なのは、やはり帰宅後はなるべく早くシューズも洗ってあげることです。

ウェアを洗うのに洗濯機をまわしている間にシューズも洗えたら良いですね!

天然皮革の場合には、洗って日陰で乾かしますが、まだアッパーが少し湿っているうちに保革油や栄養剤を塗りこんであげることで革が長持ちします。

そしてインソールは外して保管しておくと、雑菌が繁殖しづらくなるので臭い対策に効果的です。

ゴルフシューズの臭いを取る3つの方法|臭くなりやすい人の特徴とは?まとめ

せっかくのラウンドなのに、臭うゴルフシューズでプレーはしたくないですよね。

できればラウンド後に丸洗いするのが良いですが、毎回の手間を考えると難しい方もいると思います。

今回紹介したように、消臭スプレーや消臭パウダーを使えば、何もしないよりも臭いの原因となる元に直接働くので、シューズの臭いをおさえてくれるはずです。

また、色違いのゴルフシューズを2足、もしくはカジュアルなスニーカータイプとオーソドックスなオックスフォードタイプの2足を用意しておくのもおすすめです。

その日のウェアの雰囲気に合わせて履くのもおしゃれですし、都度手入れをする手間はありますがシューズも長持ちしますので、トライしてみてはいかがでしょうか。

少しの手間でいつまでも臭わないシューズをキープし、長く愛用してきましょう!

もう一度ゴルフシューズの臭いを取る方法を確認したい方は、以下から戻ってみてくださいね!

ゴルフシューズの臭いを取る方法をもう一度見る>>

スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

日本で唯一の「女性だけ」の靴修理店で3年働いていました。

休みの日も工房で製造方法を教えてもらい、革靴にどっぷりと浸かった青春(?)時代。

退職後は靴製造で1年働き、その後は革財布やバッグを作るオリジナルブランドを立ち上げました。

このブログでは、革靴に関する悩みやちょっとした小話などを発信しています。

自分もまだ知らないことがたくさんある、レザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
ゴルフシューズ
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました