靴が綺麗な女性がやってる3つのこと!靴を綺麗にすると運気が上がるって本当?

Woman with beautiful shoes レディースシューズ

足元が素敵な女性って魅力的ですよね。

ヨーロッパには「素敵な靴は、素敵な場所へ連れて行ってくれる」ということわざもあるくらい、靴は大切な要素。

目線から遠い靴は、つい手を抜いてしまう人も多いパーツでもあります。

でも、人から見られるのはもちろんですが、自分自身としても足元までキマってないと、ちょっと引け目を感じたりしませんか?

そこで今回は、靴が綺麗な女性がやってる3つのことをご紹介します。

また、靴を綺麗にすると運気があがるという噂の真理にも迫ります!

スポンサーリンク

靴が綺麗な女性がやってる3つのコト

綺麗な女性は見た目だけではなく、内面的な美しさが滲み出ている人が多いです。

靴だけじゃなく、モノを大切にすることが、女性としての品格をあげてくれるのは間違い無いでしょう。

それでは靴が綺麗な女性がやってる3つのコトを詳しくみていきましょう。

定期的なお手入れ

靴が綺麗な女性は、定期的な手入れを怠りません。

高級ブランド靴などの「いい靴」を履いていても、手入れされていなければ、その価値を十分に感じることはできませんよね。

パンプス・サンダル・ブーツなど、それぞれの素材に合わせた手入れ方法で、せめて季節の変わり目には手入れしておきましょう。

また、サイズ調整のためにジェルタイプの中敷を入れている人は要注意です。

ジェルタイプの中敷は時間が経つと黄ばむことが多く、また、ずれてグチャっとなっているとだらしない人に見えます。

人前で靴を脱ぐシチュエーションはあまりないかもしれませんが、もしものときのために、靴の中もきれいに保つように心がけましょう。

家に遊びにきた彼氏に、玄関で黄ばんだ中敷が入った靴を見られないように、汚れてきたら交換してくださいね。

正しく保管

靴が綺麗な女性は、靴を正しく保管しています。

実は、履かない靴をそのまましまうのはNG。

汗や汚れが靴にたくさんついた状態で保管すると、カビや劣化の原因になります。

カビの生えた靴を履くのはおすすめできませんし、気分的にも嫌ですよね。

また、間違った保管のやり方だと、靴の寿命を早めることにもなりかねません。

いい靴も安い靴も、自分でできることは丁寧にやるのが素敵な女性への一歩です。
関連記事>>革靴の保管方法!長期でもカビが生えない場所や手入れのコツ

靴のメンテナンスを欠かさない

靴が綺麗な女性は、靴の修理を忘れません。

ときどき、かかとのゴムがなくなって「カツカツ」と激しい金属音がしてうるさい女性が歩いています。

特にかかとのゴムがないパンプスやサンダルは、音が大きいこともあり、だらしなくみえてしまいます。

また、ゴムがなくなってヒールまで削れている状態だと、修理の際にヒールを削る必要があるので、元の高さより低くなります。

靴を修理することは、他人からの印象アップや、靴の負担軽減にもつながり、いいことづくめです。

金属音がする前にかかと修理にだすことも、素敵な女性に近づく身だしなみです。

スポンサーリンク

靴を綺麗にすると運気が上がるって本当?

靴を綺麗にすると運気が上がるという確信はもてませんが、

「運がいい人の靴は綺麗」ということはいえます。

部屋にしても同じですが、汚い場所に幸運が訪れることはありません。

また、その部屋に住んでいる人の心は整理整頓されておらず、せっかくのチャンスがきても、それを掴める人になれていないこと多いでしょう。

それと同じで、靴を綺麗にすることは、自分と向き合ったり幸運のチャンスがきたときに、瞬時に反応してつかみ取れる人に近づけるはず。

あまり見られていないと思いがちな靴ですが、意外と人は足元をよく見ています。

仕事や恋愛でも、靴が綺麗なだけで好感度がアップしたり、信頼してもらえることも少なくありません。

そういう意味でも靴を綺麗にすることは、運が良くなるといっても間違いではないといえるでしょう。

いつも綺麗な靴を履くことは、自分にも周囲にとっても気持ちがよく、運が良くなるアイテムとして大切にすることで、さらに幸運を運んでくれますよ。

靴が綺麗な女性がやってる3つのこと!靴を綺麗にすると運気が上がるって本当?まとめ

今回は、靴が綺麗な女性がやっていることを3つ紹介しました。

「な〜んだ、あたりまえのことばっかり」と思う方もいるかもしれませんが、できていないこともあると思います。

靴が綺麗な人の最大の魅力は、物を大切にすることにあります。

物を大切にする人は、人間関係も大切にするように見えて、信頼度もアップします。
ぜひ今回の記事を参考に、靴が綺麗な女性がやっていることを取り入れて、運気を上げてくださいね!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

靴修理3年、靴製造で1年ほど働いていました。

休みの日も工房にて革靴製造を教えてもらうという、革靴にどっぷりと浸かりまくった20代。

個人で革製品を製造・販売した経験アリ。

革の手入れや種類などはもちろんですが、革靴にまつわるコトや、ちょっとした小話なんかを発信していきます。

自分も知らないことがまだまだあるレザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っていますので、楽しんで読んでもらえたら嬉しいです。

ヨーロッパと猫と旅が好き。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
レディースシューズ
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました