革靴のサイズが大きいときの調整と対処法!かかとが浮くときの対策もご紹介

leathershoes_too_big メンズシューズ

革靴のサイズが大きく、ぶかぶかしていると歩きづらいですよね。

同じサイズ表記でもメーカによって微妙に大きさが違いますし、履いていくと革が伸びてサイズ感が変わることもあります。

とはいえ、どうサイズ調整したらいいのかわからない人も多いと思います。

そこで本記事では、

・サイズが大きい靴を履く方法
・調整できない時の対処法
・かかとが浮くときの対処法

をご紹介します。

足に合うように調整して、ぴったりサイズの革靴を履きましょう!

革靴のサイズが大きいときの調整方法

革靴のサイズが大きい
革靴が大きいときのサイズ調整方法は

・中敷を入れる
・パッドを貼る

の2つが簡単で、革靴や足の形によって組み合わせもできるので、フィット感を得やすいです。

革靴のサイズを調整するときは、いつもの歩き方とスピードで歩いてみてください。

イスに座った状態や直立したままでは、本当に靴のサイズが合っているかどうかわからないので、歩いて確認してみましょう。

※靴の前部分は大丈夫で、かかとが浮くという人は、「かかとが浮くときの原因と対処法」を先に読んでもらってもOKです。

サイズの大きな革靴の調整におすすめの中敷

Leather insoles
靴全体が大きい場合は、足の裏全面に敷く中敷を入れましょう。全体に敷く中敷を入れることで、スカスカだった靴の中の空間が狭くなり、フィット感が増します。

とくにカップの形になっている中敷なら、土踏まずにフィットしたり、カカトをカップで包み込んでくれるので、履き心地がぐっと良くなりますよ。

革靴に合いそうな中敷をいろいろ調べたなかで、おすすめの商品をいくつか紹介します。

コスパ良し!スポーツ用で通気性に優れた中敷

ニューバランスが開発した衝撃吸収と弾力性を備えた「ABZORB(アブゾーブ)」というクッション素材が使用された中敷です。

革靴に入れてもかかとが浮きにくく、長時間歩いても疲れないと高評価です。サイズは選べますが、大きければハサミでつま先をカットして入れれば問題ありません。

通気孔もしっかりあいているので、蒸れや臭い対策もバッチリです。

私は登山靴にこのような通気口のあいている中敷を入れていますが、通気口のない中敷に比べて汗をかきにくくなりました。

100均の中敷でも良いのですが、クッション性を考えるとやはりメーカー品に軍配が上がります。

カップインソールRCP150の詳細はこちら>>

ワンランク上の中敷!経年変化が楽しめるレザー製

サフィールの中敷は足の3点アーチをしっかりと支え、かかとのクッションで衝撃を吸収してくれるので疲労の軽減にもつながります。

この中敷は革靴用に作られているので、よくありがちな「厚すぎてかかとが浮く」という心配もいりません。

全面革張りになっているので、人前で脱いだ時もスマートな印象を与えられます。経年変化で色が変わっていくのもまたよし。

アナトミックインソールの詳細はこちら>>

少し大きい方は薄めの中敷がおすすめ

少しだけサイズが大きいという方には、薄い中敷がおすすめです。

「こんなに薄くて本当にサイズ変わるの?」と思う人もいるかもしれませんが、薄い中敷を入れるだけでも足が滑りにくくなり、フィットしやすくなりますよ。

消臭効果のある中敷ならムレを解消してくれるので一石二鳥です。

前部分が大きい方は、前半分の中敷がおすすめ

前部分だけが大きい場合は、前半分の中敷を入れましょう。前部分の空間が狭くなれば、靴の中で足が固定されて歩きやすくなります。

多少好みの別れる商品ですが、靴の空間が広くて足が前に滑るという人におすすめです。

他にも、靴ひもの下の部分のタン(ベロ・舌ともいう)の裏側にシュータンバッドを貼る方法もあります。甲が当たって痛いときや、甲が低くて隙間があく人におすすめの調整グッズです。

シュータンパッドをタンの内側に貼ることで靴の中の空間を狭くすることができるので、他の中敷と同じように足が前後に動きづらくなります。厚みなどの種類が少ないので靴と足の相性によりますが、甲の低い人は一度試してみてください。

スリッポンのサイズが大きいときの調整方法

靴ひもがないコインシューズやローファーなどのスリッポンタイプの靴は、ひもで甲を締められないのでサイズ調整が難しいです。

スリッポンはすばやく履けるために履き口が広く、カカト低いのが特徴です。

スリッポンは、

・足の親指と小指の付け根
・かかとの両サイド

を押さえて履くようになっているので、このポイントのどれかが大きかったり位置がずれたりすると、とても履きにくくなってしまいます。

なので、下の画像の丸で囲んだ部分がフィットしていると、脱げにくくなります。
Slip-on size adjustment

スリッポンタイプの革靴でも、前半分だけの中敷や甲の裏につけるシュータンパッドでの調整が可能です。もしくは、土踏まずだけのパッドもおすすめです。

靴の前部分がしっかりホールドされていると足が動きにくくなり、フィット感が高まりますよ。

サイズが大きい革靴の調整方法

靴ひもがついているタイプの革靴は、靴の甲の部分をキツくしたり緩めたりすることが出来るので調整しやすいです。

とくに内羽根式の革靴は、紐を結んだ状態で甲の「はね」の間が約1cm〜1.5cmになるように調整するのが良いと言われています。

ワンサイズ大きくても履ける!革靴に中敷を入れるときのコツ

カップタイプの中敷は、ハサミでカットして靴のサイズに合わせられるものを選びましょう。下の画像のように、裏に靴のサイズに合わせたラインが入っているので、そのままカットするだけなので簡単です。

 Leather shoes size adjustment

もし中敷を1枚入れてもサイズが大きいときは、前部分だけの中敷を重ねてみましょう。

put insoles

重ね方は、下(地面側)に前半分の中敷を入れて、その上に全面の中敷を入れます。

 Insole adjustment

逆の順番でも良いのですが、前半分の中敷を下に挟む方が違和感が少なく、ズレにくくなるのでおすすめです。

前部分に厚みを出すと足が前に滑るのを止めてくれるので、サイズによってはかかとのパカパカしなくなることもあります。革靴のサイズ調整がうまくいかない人は、試してみてください。

革靴のかかとが浮くときの原因と対処法

革靴のかかとが浮くときの原因は次の通りです。

  1. かかとのカーブのサイズが合っていない
  2. かかとの内側の革が滑る
  3. 靴の底が硬くて曲がらない

このような場合、パカパカする・スポスポ抜ける・かかとが上下に動いて靴擦れする…という状態になってしまいます。

かかとが浮く時の一番簡単な対処方法は、かかと専用のパッドを貼ることです。

少しかかとのサイズが大きいくらいなら、かかと専用のパッドでいけるかもしれませんので、試してみて下さい。(ちなみに、100均のかかと専用パッドは1回で剥がれました・・)

また、革靴のかかとは履いているうちに必ず広がるので、買ったときよりも緩くなってしまいます。自分で調節するのが難しい場合は、靴の修理屋さんに持っていき、かかとの部分に革を当てて縫ってもらうのも良いでしょう。

厚めの革を縫い付けてもらうことで、かかとの内側部分が狭くなりフィット感が増します。技術力の高い靴修理屋なら、内側にパットを中に入れてくれますよ。

また、かかとのサイズはあっているけど、ソール(底)が固いために曲がりにくいということも考えられます。

とくに新品の革靴に多く、その場合は馴染んでくるとマシになるので、しばらく履き慣らしてみましょう。底が柔らかく慣れば、かかとが浮かなくなるかもしれません。

革靴のサイズが大きいときの対処

革靴のサイズ大きい対処法

身近にあるもので革靴のサイズしたいときは、次のような方法があります。

  • つま先に詰め物をする
  • 厚い靴下を履く
  • 滑り止め付きの靴下を履く

つま先に詰め物をする方法は、ストッキングかティッシュを丸めてつま先へ入れることにより、足が前にいきすぎるのを防ぎます。

ただ、この方法はずっと履いているとつま先が痛くなってくるのと、臭いやすくなるので応急処置として使ってください。

他にも厚い靴下を履くことで靴の中全体のサイズ感をキツくできますし、足裏に滑り止めがついている靴下を履くのもおすすめです。

靴の中で足が滑ると、無意識のうちにストレスを感じて汗をかきやすくなったり、イライラしやすくなったりします。さらに足に合わない靴を履き続けていると、腰痛や頭痛などの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

革靴の臭いにお困りの方はこちらの記事も参考にしてください▼
関連記事>>革靴の臭いの取り方と簡単な対策方法|臭くなった靴を復活させよう!

革靴のサイズが大きいときの調整と対処法!かかとが浮くときの対策もご紹介まとめ

オーダーメイドでもない限り、ほとんどの人は自分の足に合っていない革靴を履いていると思います。ですが、大きいサイズの革靴でも、うまく調節できれば快適に履けるようになりますよ。

今回の内容を参考に、大きいサイズの革靴が足にフィットするように対処してみてください。

この記事を書いた人
leathernokoto

靴修理3年、靴製造で1年ほど働いていました。

休みの日も工房にて革靴製造を教えてもらうという、革靴にどっぷりと浸かりまくった20代。

個人で革製品を製造・販売した経験アリ。

革の手入れや種類などはもちろんですが、革靴にまつわるコトや、ちょっとした小話なんかを発信していきます。

自分も知らないことがまだまだあるレザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っていますので、楽しんで読んでもらえたら嬉しいです。

ヨーロッパと猫と旅が好き。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
メンズシューズ
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました