革靴の洗い方を解説!丸洗いで臭いやカビを取り除こう

革靴の丸洗い方法 手入れ関連

革靴は雨や水に弱いから濡らさないように!

と言われることが多いですよね。でも、「スニーカーのように洗ってみたい」と思ったことはありせんか?

たしかに洗い方によっては、縮んだり硬くなったりと失敗することになります。なので、正しい方法でキチンと洗うことが大切です。

この記事では、革靴を初めて洗ってみたいという人向けに

  • 革靴の丸洗い方
  • 革靴を洗うときに必要なグッズ
  • 革靴の乾かし方の注意点

を画像付きでわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

本コンテンツでは掲載中のECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

革靴の洗い方

長く履いている革靴や、汚れた革靴をきれいにしたいとき、「丸洗いできるのかな?」と思う人も多いのではないでしょうか。

とくに革靴を洗う理由として多いのが、

  • ニオイやカビを落としたい
  • 靴の内部の汚れを落としたい
  • 泥や古いクリームをしっかり落としたい

などが考えられます。

革靴の洗い方は、スニーカーを洗うときに似ています。ただし、革靴は『革』という素材の特性上、適度な油分と水分を残さなければなりません。

そのため油を落とし過ぎないことが重要で、間違った洗い方をすると革がカチカチになったり縮んだりする原因とになるので気をつけてくださいね。

革靴を洗うときに必要なグッズ

革靴を洗うグッズ
革靴を洗うには、いくつかグッズを揃える必要があります。グッズ代はかかりますが、靴クリーニング業者に出すよりは安く洗えるので、自宅で済ませたい人は次のアイテムを用意しておきましょう。

皮革製品用の洗剤
革を保護する成分が入っている革製品専用の洗剤

革靴用のクリーム
普段のメンテナンス用のクリームでOKですが、乳化性のクリームを使います

【スポンジ】
どんなものでもOK

【ブラシ】
あると便利

【いらない布や新聞紙】
靴の内側の吸水に使用します

今回は、革靴を洗う洗剤で有名なモウブレイのサドルソープを使いました。革を保護する栄養成分入りでおすすめです。

革靴の洗い方の手順

実際の洗い方の手順を解説していきます。

【STEP1】
靴紐をはずします。

【STEP2】
全体的に軽くブラッシングして、ホコリを落とします。

【STEP3】
クリーナーで、全体のクリームをしっかりと落とします。
クリームが落ちた部分と残っている部分とで水の浸み込みが違うため、洗ったあとに革靴の色が部分的に変わってしまう可能性があります。

【STEP4】
長くメンテナンスしていなかった靴は、一旦、クリームを軽く塗ります。

ここでは浸透性の高いデリケートクリームがおすすめです。
特に、ライニング(靴の内側の革)と履き口の周辺は乾燥時に割れることがあるため、クリームを塗っておくことをオススメします。

【STEP5】
水かぬるま湯(40℃前後)でしっかりと濡らします。キッチンのシンクでも、バケツでも、お風呂のシャワーをあてながらでもOKです。

【STEP6】
サドルソープをスポンジで泡立てて靴につけて、ブラシで優しく全体を洗います。
革靴を丸洗いする

表革だけでなく、靴の内側もしっかりと洗います。

革靴を丸洗いする方法

洗剤で洗ってから、一旦、水で泡を落とします。1~3回ほど、繰り返し泡で洗います。

革靴を洗ったときの汚れ

2回洗った後の状態ですが、引くぐらい汚れがでてきます。今回のようにサドルソープを使った場合は、最後に洗い終わったときの泡を完全に洗い流さなくても大丈夫です。泡が残っていても、タオルで拭き上げればOKです。

【STEP7】
拭き上げしたら、靴の中に新聞紙などを入れて、風通しのよい日陰で陰干しします。

【STEP8】
軽く乾いて、まだ湿っている状態で、クリームを塗り込みます。

乾ききる前にクリームを塗ることがポイントです。
表革だけでなく、内側の革や革底にもクリームを塗っておきましょう。

【STEP9】
表革の削れ部分のやすりがけや、退色している部分の補色をします。

【STEP10】
完全に乾くまで、しっかりと乾燥させます。

革靴を洗ったあとの乾かし方の注意点

リーガルブラッシング

革靴を乾かすときのポイントは、以下のとおりです。

  • 日陰で乾かす
  • 素早く乾かす
  • 濡れている状態でシューキーパーは使わない
  • クリームの栄養補給は必須

基本的に、濡れている革靴に直射日光はNGです。直射日光が当たると、紫外線と急激な温度変化によって革が硬くなってカチカチになってしまいます。

ただ、逆に濡れた革靴を乾燥させるまでに日数がかかりすぎると、カビの原因になります。そのため、濡れている間は新聞紙で余計な水分を吸い取った後は、風通しをよくして素早く乾かすことが大切です。

濡れた状態でシューキーパーを入れてしまうと、革靴の中が乾きづらくなるので、乾いてから入れるようにしてください。

また、乾ききる前にクリームで栄養補給することで、乾燥しすぎを防いでしなやかな仕上がりを目指すことができます。

革靴を洗ったあとの手入れ方法

もっとも注意したいのが、洗った後のケアです。革靴は、丸洗いすると革の油分がかなり抜けてしまいます。

そのため洗った直後のクリームの塗り込みは、1度だけでなく時間を置いて数回塗るとベターです。

おすすめは、洗ってから2~3時間前後と翌日の2回以上です。塗るクリームは、革の内部に浸透しやすい以下のような「乳化性」のクリームを選んでくださいね。

乾燥が気になって何回も塗りたいときなどは、より浸み込みやすく失敗しづらいデリケートクリームがおすすめです。

しっかりと栄養補給したあとは、普段のメンテナンスと同じようにブラッシングすれば完了です。

革靴の洗い方を解説!丸洗いで臭いやカビを取り除こうまとめ

革靴はきちんとしたグッズを使えば、今回紹介した手順で丸洗いすることができます。

革靴は長く履き込んでいるうちに、落としにくい汚れやニオイが気になることがありますよね。そんな革靴は、丸洗いでスッキリとリフレッシュして、キレイな靴を楽しみましょう!

もし自分で洗うのが不安な場合は、靴クリーニングの利用も検討してみてください。
関連記事革靴のクリーニングの料金やサービス内容|おすすめ8社をご紹介!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

日本で唯一の「女性だけ」の靴修理店で3年働いていました。

休みの日も工房で製造方法を教えてもらい、革靴にどっぷりと浸かった青春(?)時代。

退職後は靴製造で1年働き、その後は革財布やバッグを作るオリジナルブランドを立ち上げました。

このブログでは、革靴に関する悩みやちょっとした小話などを発信しています。

自分もまだ知らないことがたくさんある、レザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
手入れ関連
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました