リーガルのサイズ感を解説|スニーカーとサイズ比較してみた!

メンズシューズ

日本のビジネスマンから圧倒的な信頼を得ているブランド、リーガル(REGAL)。

ビジネスから冠婚葬祭まで、どんな場面でも堂々と使えるリーガルは、1足であらゆる場面に対応できます。

ただし、サイズ選びを間違えると、「●万円も出したけどサイズが合わなかった。靴ズレで痛い。」となってしまいます。

この記事では、リーガルのサイズ感やサイズ選びのコツ、スニーカーとの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

リーガルのサイズ感を解説

リーガルの魅力

「リーガルの靴は大きめ」と聞いたことがある人も多いと思います。

革靴のサイズ表示は、足長(つま先からかかとまでの長さ)なので、リーガルに限らずどのブランドでも同じです。

革靴のサイズ感の違いを感じる理由は、

・ウィズ(足の指の付け根の周りの長さ)
・靴のデザイン

が違うことで、靴の中の空間の大きさが変わるからです。

リーガルのウィズ

リーガルのウィズ展開は、幅が広い順に
・幅広設計(4E)
・幅広設計(3E)
・通常設計(2E)・・・・・・リーガルの基本
・幅狭設計(E)
となっています。

ウィズ表示はJIS規格で決まっているので、日本製であれば、どのブランドでも共通です。

口コミなどを参考に、足の幅が広めの人はリーガルの3E、反対に普通〜狭めの人はEを選べば大丈夫、となります。(JIS規格での定義の一部です)

男性用サイズ26.0cmの場合
ウィズE=足囲249mm・足幅102mm
ウィズ2E(EE)=足囲255mm・足幅104mm
ウィズ3E(EEE)=足囲261mm・足幅106mm
男性用サイズ26.5cmの場合
ウィズE=足囲252mm・足幅103mm
ウィズ2E(EE)=足囲258mm・足幅105mm
ウィズ3E(EEE)=足囲264mm・足幅107mm

日本とは違い、海外ブランドは定義があいまいなので、同じ2Eでもブランドによって微妙にサイズが異なります。

おおよその目安として、リーガルの2E=海外ブランドではE、が目安です。

単にウィズ表示だけをみると、Eよりも2Eのほうが幅広の印象を受けるので、「リーガルは大きめのサイズ感」というイメージになっているかもしれません。

また、日本人向けの木型で作られる革靴は、欧米系の足の形よりもわずかに幅広・甲高になるので、海外製の革靴がぴったり合う人であれば、「リーガルは大きい」を感じる可能性もあります。

足の形は人によって違うため、ブランドによる表示の違いに惑わされず、リーガルの店舗でスタッフに計測してもらうことがベストです。

個人的な経験ですが、はじめてリーガルの実店舗に行った時には、

・足のサイズ、ウィズの測定
・足のサイズやウィズは左右で違う人も多い
・履きやすいデザインもソールの減り方も人それぞれ
・カバンを持つ手がいつも同じだと歩き方も違ってくる

など、サイズ感に関するポイントを教えてもらった経験があります。

靴のデザインによるサイズ感の違い

靴のデザインによっても、わずかにサイズ感の違いがあります。

例えば、
・つま先が狭め→幅を狭く感じやすい
・内羽根→外羽根よりも足の甲が圧迫される感じがしやすい

などです。

サイズ感の違いは人それぞれですし、靴によっても違いがあります。実店舗で試着できない場合は、返品交換できるサイトで購入すれば安心です。
関連記事返品無料の靴の通販サイト5選!ネットで失敗したくない人におすすめ

ほかの革靴とのサイズ比較

リーガルもほかのブランドとサイズ(足長)は一緒です。国内ブランドであればウィズも同じ基準です。

リーガルとほかの革靴であれば、ほとんどサイズ感の違いはないことになります。

<ある男性の例>

・リーガルの内羽根ストレートチップ
→25 1/2 (25.5cm) EE
・海外製ノーブランドの内羽根ストレートチップ
→25.5cm EE
・KENFORD(リーガルの弟分のブランド)の内羽根プレーントゥ
→25.5cm EE
・海外ノーブランドのチャッカブーツ
→25.5cm EEE

スニーカーとのサイズ比較

一般的に、スニーカーは「スニーカー本体の長さ」、革靴のサイズ表示は「足長」でサイズ表示されることが多いです。

また、歩くと靴の中で足が前後にズレるので、革靴もスニーカーも、つま先部分に余裕(捨て寸)があるように作られています。

つまり、「スニーカーのサイズ表示」から「捨て寸(0.5cm~1.5cmまたは2.0cm)」を引いたものが、革靴のサイズ表示となります。

言い換えると、
・スニーカーのサイズ表示=足長+捨て寸
・革靴のサイズ表示=足長
となります。

スニーカーのサイズ表記を参考に革靴のサイズを選ぶ場合は、普段使っているスニーカーのサイズよりも0.5cm〜1.0cm小さめのサイズが、革靴のサイズの目安となります。

<ある男性の例>

・リーガルの内羽根ストレートチップ
→25 1/2 (25.5cm) EE
・NIKE ランニングシューズ
→26.0cm
・adidas スニーカー
→26.5cm
SALOMON トレッキングシューズ
→26.0cm

リーガルのサイズ表記はどこ?

リーガルのサイズ表記は、以下の2ヶ所となっています。

【ソールの裏側】

リーガルのサイズ表記の場所

1つ目は、ソールの裏側の削れにくい部分であるヒールの近くです。ソールの素材などによって、印字、刻印、プレートなどの種類があります。

【靴の内側、かかと近くの横】

リーガルのサイズ表記

もう一ヶ所は、靴の内側のかかとの近くに、品番などの数字に並んで印字されています。数字の並びの一番最後(この写真では25 1/2)がサイズの表記です。

リーガルの革靴おすすめ3選

リーガルの中でも、まずはこれ1足でビジネスから冠婚葬祭まで対応できるストレートチップがおすすめです。

リーガル 315R(ウィズEE)


グッドイヤーウェルト製法の、オーソドックスなストレートチップです。表革のツヤ感、わずかに高いヒール(3.5cm)、品が良いチゼルトゥが高級感を出しています。

踵をやさしく保護するインソール、雨の日でも滑りにくいラバーソールなど、機能面もハイクラスですが手が届く値段なのも魅力。

若いビジネスマン、はじめてリーガルを買う人、基本の1足を手に入れたい人、1足でいろいろ使いまわしたい人など、あらゆる人に対応できるスタンダードです。

Amazonリーガル 315RをAmazonでみる

楽天市場リーガル 315Rを楽天市場でみる

リーガル 25AR(ウィズEE)


315Rとほぼ同じですが、こちらはスクラッチタフレザーを使用していますので、使っているうちに気になる小キズを防ぎます。

靴の仕上がりにこだわりがある人、メンテナンスを少しでもラクにしたい人におすすめです。

Amazonリーガル 25ARをAmazonでみる

楽天市場リーガル 25ARを楽天市場でみる

リーガル 35HR(ウィズEE)


つま先にエイジング感を出したシャドウフィニッシュが、丁寧な使用感と深みを漂わせます。

ゴアテックス使用で防水性も高いですが、ありがちな野暮ったい雰囲気は全くなく、エレガントなルックスです。

雨の日も気にせずに履ける革靴や、雨の日も大丈夫な革靴を探している人におすすめです。

Amazon[リーガル] 35HRをAmazonでみる

楽天市場リーガル 35HRを楽天市場でみる

リーガルの魅力とは?

日本の革靴のスタンダードである「リーガル」ブランドは、「絶対にハズさないブランド」、「日本人による日本人のための革靴」として、抜群の知名度です。

「コスパ最強ブランド」ともいわれるリーガルの魅力は、おもに以下の3つが挙げられます。

▽(魅力その1)足にフィットしやすい!
日本人に多い足の形(欧米系に比べると、幅広・甲高など)にあわせた木型(ラスト)を使って作られているから、日本人の足に合いやすく、選びやすいです。

▽(魅力その2)革靴の魅力を最大化するグッドイヤーウェルト製法!
高級革靴の代名詞であるグッドイヤーウェルト製法だから、見た目・履き心地・堅牢性を兼ね備えた高品質です。

▽(魅力その3)高級革靴と同じ製法なのに、普段使いできる価格帯でコスパが高い!
20万円以上する高級革靴と同じグッドイヤーウェルト製法の革靴でも、リーガルなら3万円台で買えます。しかも90%が日本製という安心感があります。

高い品質・手が届く価格・豊富なデザイン・新しい機能的な素材……
これが、新入社員からハイクラスビジネスマンまで、リーガルの知名度が圧倒的に高い理由です。

リーガルのサイズ感を解説|スニーカーとサイズ比較してみた!まとめ

革靴の代表的なブランドであるリーガルは、革靴が初めての人、ハイセンスな人、ベテランビジネスマン、革靴が趣味という沼にはまった人まで、あらゆる角度から注目されているブランドです。

リーガルは、入り口となる「リーガル」ブランドのほかに、「Santoni(サントーニ)」、「Clarks(クラークス)」など多くのブランドを展開していますので、あなたのコーデやライフスタイルにあったデザインの革靴やスニーカーに巡り合うことができます。

雨の日も履けるリーガルの革靴をお探しの人は、以下の記事もあわせてご覧ください。
リーガルの雨用ゴアテックスでおしゃれに|メンズにおすすめのモデル8選

リーガルの雨用ゴアテックスでおしゃれに|メンズにおすすめのモデル8選
梅雨や台風の多い時期に活躍する雨靴として、リーガルの靴を検討している人も多いのではないでしょうか。アッパー(甲革)には防水力の高い「ゴアテックス」を使用し、グリップ力の高いゴム底で滑りやすい地面でも安心して履くことができます。...
スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

日本で唯一の「女性だけ」の靴修理店で3年働いていました。

休みの日も工房で製造方法を教えてもらい、革靴にどっぷりと浸かった青春(?)時代。

退職後は靴製造で1年働き、その後は革財布やバッグを作るオリジナルブランドを立ち上げました。

このブログでは、革靴に関する悩みやちょっとした小話などを発信しています。

自分もまだ知らないことがたくさんある、レザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
メンズシューズ
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました