通販で靴を買うときのサイズの測り方を詳しく解説!おすすめショップ3選もご紹介

onlineshopping-shoe-size メンズシューズ

通販で靴を買う時にもっとも多くの人が悩むのが靴のサイズです。

せっかく購入してもサイズが合わなければ、履けずに置いておくことになるかもしれません。。

自分の足に合うサイズの靴をネットで買う時は、サイズを把握することがとても大切です。

今回は、ネットで靴を買う時のサイズの測り方を紹介します。ネットじゃなくても使えるテクニックなので、ぜひやってみてくださいね!

靴を購入する時におすすめのオンラインショップも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

通販で靴を買うときのサイズの測り方

measure foot

ここでは、通販で靴を買うときのサイズの測り方を紹介します。

まずは自分の足のサイズを把握しておきましょう。

靴のサイズを測る方法

足のサイズを測るといってもただ測ればよいわけではなく、靴のフィット感を得るためには以下のポイントをおさえる必要があります。

①足長(かかとから一番長い指先まで)
②足囲(親指のつけ根の出っ張りから小指の付け根まで)

それぞれの測り方を詳しく紹介します。

この方法は2人の方が正確に測れるので、できれば誰かに手伝ってもらってくださいね。

(※今回紹介する方法は、moonstarさんのサイトを参考にしました)

①足長の測り方

まず、こちらから足の計測表をプリントアウトします。もしプリンターがない人は、同じように中心線をペンで書いてください。

紙が準備できたら、中心線に「かかとの真ん中」と「人差し指の中心」がくるように足をおきます。このとき、かかとに本を当てると垂直になりやすいです。

次に、つま先の方へ本を持っていき、中心線と垂直になるようにおきます。そのままつま先の当たるところまでスライドさせて、本に沿って線を引きましょう。

このとき、立っている人が線を引くために前かがみになると、体重のかかり方が変化するので、正しいサイズに測れません。他の人に線を引いてもらう方がより正確なサイズになります。

本が最初に当たる指は、親指か人差し指になりますが、どちらが長いかは人によって違います。最初に当たった場所で本を止めて線を引いたら、その線とかかとまでの距離が「足長」になります。

②足囲の測り方

次に、足囲も測りましょう。

足囲は足の厚みや甲の高さを知ることができます

先ほどの足の計測表をプリントアウトした人は、その紙に付いているメジャーを使ってください。プリンターがない人は、普通のメジャーで大丈夫です。

メジャーを目盛りが床側になるように地面に置いたら、足の「親指の一番出っ張っているところ」と、「小指の一番出っ張っているところ」をメジャーの上におきます。メジャーを足の甲に回して、その距離を測りましょう。それが「足囲」です。

足長と足囲が測れたら、こちらのページでワイズサイズを計測してください。

これで自分のサイズが把握できました。

足に合わないサイズの靴を履き続けるとどうなる?

Athlete's foot
もしネットで購入した靴のサイズが合わないとき、「返品するのも面倒だから」という理由で、そのまま履き続ける人もいるかもしれません。ネットで靴を買うときは、実店舗のように足にフィットするようにアドバイスしてくれる店員さんもいないので、合わないサイズを選んでいることに気がつかないこともありますよね。

足に合わないサイズの靴を履き続けることで、無意識のうちに無理にバランスをとってしまい、健康面に悪影響を及ぼすリスクがあります。無理にバランスを取ろうとすると、必ずどこかに負担がかかってしまいます。とくに膝や腰、首に負担がかかりやすいので注意が必要です。

「歩く」行為は毎日することなので、将来的にも体に負担が出ないように気をつけましょう。

ネットで靴を買うならサイズは大きめの方がいいって本当?!

Buy shoes online

「小さい靴を買うのは不安だから、大きめを買おう」という人も多いと思います。個人的な意見にはなりますが、小さい靴を伸ばして履くのは大変で、慣れるまでに足が変形することもあり、とても危険です。

なので、中敷で調整できるくらいの大きさであれば、大きめを買う方がまだマシだと思います。そこで、交換や返品ができる通販サイトを利用するのがおすすめです。

返品交換ができる通販サイトなら、試しばきとして注文できるので、不安が軽減されます。なかには、複数注文を推奨しているサイトもあり、そこでは「気になるサイズをとりあえず注文して、あとで返品」ということもできますよ。

靴をネットで買うならおすすめショップ3つ

ここでは、返品・交換ができきるおすすめのショップを3つ紹介します。

  • ロコンド
  • 楽天アベニュー
  • プライムワードローブ

3つとも有名なサイトなので、安心して利用できますよ。それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

プライム・ワードローブ

プライム・ワードローブは、Amazonが提供する、試着サービスです。

まずは商品をまとめて取り寄せて家で試着してから、サイズの合う靴だけを購入できるシステムです。(まとめて取り寄せるのを推奨しているのがありがたい・・!)

足に合わない靴はAmazonへ着払いで返送するだけなので、ネットで靴を買うリスクがほとんどありません。プライム・ワードローブのトップページ真ん中あたりの「カテゴリーから探す」から、欲しい靴を検索してみてくださいね。

また、プライムワードローブを利用しなくても、Amazonでは商品の返品が簡単にできます。「Amazonマーケットプレイス出品者」が発送した商品の返送には送料がかかりますが、「Amazon.co.jp」が発送したものなら無料で返品できますよ。

無料で返品できるなんて、欲しい靴がAmazonにあればラッキーですよね。

Amazonで販売している靴をみてみる>>

楽天ファッション

楽天市場のアパレルサイト、楽天ファッションでも無料で靴のサイズ・色の交換ができます。交換するときの送料も全て無料で、自宅まで集荷にきてくれるという至れり尽くせりなサービスです。

楽天ファッションにはかなり多くのブランドが揃っているので、いろんなサイトをはしごしなくても欲しい商品が見つかりやすいです。タイミングによっては、「お買い物マラソン」や「スーパーDEAL」でお得に買えるうえに楽天ポイントがかなり貯まるので、実際の商品金額から引くとお得になることも多いです。

ただ、スーパーDEALの対象になっている商品はすぐに売り切れることが多いので、こまめにチェックしておくのがおすすめです。

楽天アベニューで扱っている靴をみてみる>>

LOCONDO(ロコンド)

ロコンドは、靴の返品交換ができることで人気の通販サイトです。人気ブランドをたくさん取り扱っており、レディース・メンズ・キッズの幅広いラインナップがあります。

サイズ交換は出荷から14日間・返品出荷日から21日間、無料でおこなってくれるので、安心して注文できます。ただし、サイズ交換できる靴は、商品ページに「交換可能」と記載されている商品のみになるので注意が必要です。

その他のサイズ交換の詳細はロコンドのサイトで確認してみてくださいね。楽天ポイントを貯めている人は、ロコンド公式ストアの方がLOCOMALLがおすすめです。

LOCOMALLで扱っている靴をみてみる>>

海外製のサイズ表記も把握しておこう!

日本製以外の靴を購入することも多いと思います。

国によってサイズ表記が違うので、一覧表を用意しておきました。ぜひブックマークして、通販サイトで靴を購入するときの目安にしてくださいね。

【男性用】

日本 24.5 25 25.5 26 26.5 27 27.5 28 28.5 29
US(アメリカ) 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5 11
UK(イギリス) 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5
EU(イギリス以外のヨーロッパ) 39 40 41 42 43 44 45

【女性用】

日本 21.5 22 22.5 23 23.5 24 24.5 25 25.5 26
US(アメリカ) 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9
UK(イギリス) 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5
EU(イギリス以外のヨーロッパ) 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42
参考元:size.com

メーカーによってはこの表のとおりではないこともあるので、あくまでも参考程度にしてください。もし、販売ページにサイズ表があれば、そちらの方を優先してくださいね。

通販で靴を買うときのサイズの測り方を詳しく解説!おすすめショップ3選もご紹介まとめ

今回は、通販で靴を買うときのサイズの測り方を紹介しました。お店で購入するときでも靴のサイズ選びは難しいですが、通販ではさらに難易度が上がりますよね。

ぜひ今回の内容を参考に、足と靴のサイズを正しく測ってみてくださいね!自分の足のサイズがわかったら、返品交換ができるサイトをチェックしてみましょう。返品交換ができるサイトなら、サイズの失敗を避けられるのでおすすめです。

通販で靴を買うときのサイズ選びや、ショップに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

日本で唯一の「女性だけ」の靴修理店で3年働いていました。

休みの日も工房で製造方法を教えてもらい、革靴にどっぷりと浸かった青春(?)時代。

退職後は靴製造で1年働き、その後は革財布やバッグを作るオリジナルブランドを立ち上げました。

このブログでは、革靴に関する悩みやちょっとした小話などを発信しています。

自分もまだ知らないことがたくさんある、レザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
メンズシューズ
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました