リーガルを長持ちさせる靴磨き方法|靴クリームの評判も紹介

手入れ関連

どのような革靴でも、放置したまま手入れしなければ革が乾燥して寿命が早まってしまいます。とはいえ、間違えた手入れ方法をしてしまうと、せっかくのリーガルの良さが堪能できなくなってしまいます。

そこで今回は、画像を交えてリーガルの靴磨きの手順を紹介します。リーガルから出ているシュークリームを使った口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

リーガルの靴磨きの手順

リーガルの靴磨きの手順は、スムースレザーとスエード(起毛革)とで、少し違いがあります。

まずは、スムースレザーの靴磨きから紹介していきます。

①ブラッシングで表面の汚れを落とす

リーガルブラッシング

ブラシを使って、表面の汚れをはじき出すようにブラッシングします。ブラッシングすることで、靴に付着している汚れやほこりを落とし、クリームの浸透をよくする効果があります。

ブラシはなんでもOKですが、リーガルにこだわりたい人はオリジナルブラシがおすすめです。通常のブラシとは形状が少し違い、曲がっているので力が入れやすいタイプになっています。

できれば汚れ落とし用の馬毛ブラシと、ツヤ出し用に豚毛ブラシの2つに分ける方が良いですが、最初はどちらか1つだけでも大丈夫です。

アッパーと底の細かい部分にも汚れが溜まりやすいので、歯ブラシの形状をしたブラシでブラッシングしておくと、仕上がりが段違いに綺麗になります。

リーガル ブラッシング

②シュークリーナーで汚れを落とす

リーガルにシュークリーナーを塗る
ウェスなどにクリーナーをつけて、靴をやさしくなでるように磨きます。クリーナーはブラッシングではとれない汚れをとったり、古いクリームを除去したりと重要な役割をしているので、面倒くさがらずに(笑)おこないましょう。

革靴用のクリーナーは色々ありますが、種類によっては効果の強すぎる商品もあるので注意が必要です。基本的には、以下のステインリムーバーを使えば間違いなしです。

③クリームで栄養補給する

リーガルにクリームを塗る

クリームをウェスにつけて、全体に塗り広げます。細かいところも残さず、全体に塗りましょう。私は以前、靴修理屋で働いていましたが、そこで多くの人の靴を見て、「クリームを塗りすぎている人が多い」と感じました。

クリームを塗るときは、ウェスに米1〜2粒つけるだけで良いです。それを円を描くように靴に塗り広げ、足りなくなったら米1〜2粒をとり、クルクルと円を描きつつ広げていくのを繰り返して全体に塗っていきます。

リーガルのシュークリームでも良いですが、ほかの革靴にも使うのであれば、一般的なクリームでOKです。

④表面を磨く

リーガルの靴磨き

クリームを塗ったら、もう一度ブラッシングまたは乾いた布で乾拭きして、余分なクリームを取り除きます。お好みで防水スプレーをして完了です!

関連記事革靴におすすめの防水スプレー5選|効果が高まる使い方も紹介!

⑤シューツリーを入れて型崩れを防ぐ


靴磨きが終わったら、シューツリーを入れて保管します。シューツリーは、湿気を吸い取り、型崩れを防いでくれる、木製がベストです。

関連記事リーガルにおすすめのシューキーパー5選|選び方も紹介

リーガル(スエードの革靴)の靴磨きの手順

次に、リーガル(スエード)の靴磨きの手順を紹介します。

①ブラッシング

ブラシを使って、起毛の汚れを掻き出すようにブラッシングします。スムースレザーと同じように、細かいところまで、全体的にブラシをかけます。

できればスムースレザーの靴のブラシと別のブラシを使いましょう。スムースレザーの靴と同じブラシを使っていると、スエードにクリームが映ってしまいます。

②栄養補給スプレーを噴き付ける

クリームの代わりに、栄養補給スプレーを噴き付けます。スムースレザー用のクリームは使わないようにしましょう。

③ブラッシング

スプレーした栄養成分がスエード全体に行きわたるようにブラッシングします。

④シューツリーを入れて型崩れを防ぐ

スムースレザーと同じです。

リーガルの靴クリームの評判とは?

リーガルの靴クリームの評判

(画像はリーガルクリーナーです。)

リーガルからも、リーガルブランド純正の乳化性クリーム「シューラスタークリーム」が5色展開で発売されています。このラスタークリームは、他のクリームに比べると水分量が多いため、塗りやすいと評判です。

ほかにも口コミを色々調べたところ、

・チューブの先端がスポンジタイプで使いやすい
・ウェス(布)を用意しなくてもいい
・革に浸透しやすい
・ブラッシングするといいツヤが出る

などの声がありました。

なにより、リーガルブランド純正の安心感がありますね。靴磨きがはじめての人や、靴磨きに時間をかけたくない人にもおすすめです。

ちなみに、クリームの色を選ぶときは靴の色と同じか、少しだけ薄い色にしておくと失敗が少ないです。悩んだときは無色のクリームを選ぶと間違いありません。

シューラスタークリームの詳細>>

リーガルを長持ちさせる靴磨き方法|靴クリームの評判も紹介まとめ

手に入れたばかりのリーガルでしたら、これからも長く一緒に付き合いたいですね。リーガルは品質が高いので、きちんとメンテナンスをすれば、3年、5年、10年と快適に過ごすことができます。

長い間、お気に入りの一足を靴磨きしているうちに、更にハイレベルな靴磨きにも挑戦したくなるかもしれません。靴磨きは、趣味のグループや専門店ができるほど奥深く、夢中になるひとも多い世界です。

長く付き合えるリーガルを磨きながら、他のクリームを試したり、ハイシャイン(鏡面磨き)に挑戦したりして靴磨きを楽しみましょう!

関連記事リーガルの手入れの頻度は?基本の手入れと履く前にやるべきことを解説

スポンサーリンク
この記事を書いた人
leathernokoto

日本で唯一の「女性だけ」の靴修理店で3年働いていました。

休みの日も工房で製造方法を教えてもらい、革靴にどっぷりと浸かった青春(?)時代。

退職後は靴製造で1年働き、その後は革財布やバッグを作るオリジナルブランドを立ち上げました。

このブログでは、革靴に関する悩みやちょっとした小話などを発信しています。

自分もまだ知らないことがたくさんある、レザーの奥深さを皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

さらに詳しいプロフィールは名前をクリックしてください。

leathernokotoをフォローする
手入れ関連
leathernokotoをフォローする
さて、革靴の話をしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました